トップページ > 空き家が問題になるのはどうして?

空き家が問題になるのはどうして?印刷する

空き家所有者のリスク

適切な管理が行われていない空き家が増えています。管理が行われない理由は様々ですが、放置された空き家が防災、衛生、景観等の生活環境に深刻な影響を及ぼしていることが社会問題になっています。
雑草の繁茂・樹木の越境、強風等による屋根や外壁の落下、敷地内への廃棄物の不法投棄、不審者の侵入、放火などによる不審火の発生など管理不全の空き家から生じるリスクは深刻な問題も多く含まれるのが現状です。
空き家(土地工作物)が原因となって他人に損害を与えた場合の空き家所有者の責任について、民法では「工作物責任(717条)」として定めをおいています。外壁等が落下して通行人に怪我を負わせたケース、空き家のシロアリやネズミが隣家に被害を及ぼしたケースなど空き家所有者が工作物責任を負う場面は様々です。

地域住民の不安

適切な管理が行われていない空き家というのは、地域住民には迷惑な場合が多いものです。空き家の所有者も分からずどのように対応してよいか分からず、市町村役場に相談に行かれることも多いのではないでしょうか。
しかしながら空き家の問題というのは、それぞれの抱えている事情が複雑なケースが多く、問題点がどこにあってどのように解決方法を探っていけばよいのかすぐに答えのでない事案がほとんどです。

千葉司法書士会の取組

市町村役場に相談された地域住民の方が、市町村役場から紹介を受け、引き続き司法書士への相談を希望される場合に無料で相談をお受けする司法書士の名簿を作成いたしました。

(*注)名簿は随時更新を行っております。名簿登載を希望する当会会員は当会事務局までご連絡ください。

TOPへ
日本司法書士会連合会 成年後見センター・リーガルサポート 千葉司法書士会調停センター 法テラス 日本司法支援センター 13歳のハローワーク 不動産の取引価格情報提供制度
千葉司法書士会

Copyright (C) 2014 Shiho-Shoshi Lawyer's Association,Chiba.All Rights Reserved.