トップページ > 千葉司法書士会 > 千葉司法書士会会長より

千葉司法書士会会長より印刷する

会長挨拶

長谷川秀夫

みなさん、こんにちは。
私は、この5月の会員総会で会長に再任されました長谷川です。

いま、わが国の社会問題は数多くありますが、千葉司法書士会で取り組んでいますのは、「空き家問題」であり、形を変えて「相続登記未了の問題」です。
現在、九州ほどの土地面積が、相続登記未了の状態だと言われています。

みなさんにとっては、空き地や空き家の問題は、近隣問題ですね。庭に草木が繁っていたり、建物の状態が廃屋だったり、火事や不審者などの心配が出てきます。

私たち司法書士は、現在、千葉県の「すまいづくり協議会」及び県下54自治体と協力して、各協議会に組織員を派遣しています。また、空き家や特定空き家の権利調査や不在者財産管理人の選任申立てをお手伝いします。場合によっては、自ら財産管理人となって、空き家の保全、管理、処分を行います。成年後見制度を利用することもあるでしょう。

相続登記未了土地については、現在国が調査を行っていますので、公共嘱託司法書士協会とともに、未了解消のためのこの相続人調査に協力しています。
私たち、司法書士会は、今後も、国民の声、地域のニーズを誠心誠意、傾聴し、国民の信頼に応えるよう努力して参ります。

市民のみなさんには、空き家や不在者財産、遺産分割手続きを始め、通常の相談も随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

令和元年(2019年)5月25日
千葉司法書士会会長 長谷川秀夫

会長声明

TOPへ
日本司法書士会連合会 成年後見センター・リーガルサポート 千葉司法書士会調停センター 法テラス 日本司法支援センター 13歳のハローワーク 不動産の取引価格情報提供制度
千葉司法書士会

Copyright (C) 2014 Shiho-Shoshi Lawyer's Association,Chiba.All Rights Reserved.